ニキビが繰り返してできる原因

私のニキビサプリ|トップページ > ニキビが繰り返してできる原因と必要な栄養分

ニキビ改善に必要な優秀なビタミンを紹介!

ニキビを改善するためには、以下の3つのビタミンが必要とされていて、どれもニキビに働きかける力が強く、皮膚科でビタミン剤として処方することも多いといいます。

 

1.ビタミンC

 

ニキビ繰り返し,原因

ビタミンCには、ニキビの原因となる皮脂を抑制したり、皮脂の酸化を防止する働きがあることがわかっています。

 

また、代謝に関与することで、肌の修復に繋がるターンオーバーを行わせる役割も担っていて、ターンオーバーが繰り返されることでニキビができにくい丈夫な肌になるとも言われています。

 

同時に、メラニンに作用することで、ニキビ跡を防止したり、改善する効果も見込めるとされています。

 

2.ビタミンB2

 

ニキビ繰り返し,原因

ニキビの原因となる皮脂を抑える効果が高いとされていて、他にも肌のターンオーバーをサポートする役割もあり、肌の修復が正常に行われるようになるともいいます。

 

3.ビタミンB6

 

ニキビ繰り返し,原因

ビタミンB2とB6は、互いに作用しあうことで皮脂の抑制を行うとされていて、皮膚科でもビタミンB2とB6を同時に処方するケースが多いといいます。

 

加えて、ビタミンB6も肌のターンオーバーに関与することで、肌の修復を行うとも言われています。

不足すると、ニキビ以外の肌トラブルも起きる!?

ニキビ繰り返し,原因

ビタミンCなどが不足した場合、ニキビ以外の肌トラブルにも繋がるといいます。

 

まず、ビタミンCはコラーゲン生成やメラニンに作用することから不足した場合、ハリや弾力が失われてシワができやすくなったり、メラニンを抑制できないことでシミにも繋がると言われています。

 

ビタミンB2やビタミンB6では、皮脂のコントロールが行われなくなることから、すぐに皮脂でテカりが起きて、化粧崩れもおきやすくなったりと、ビタミンCなどが不足した場合はあらゆる肌トラブルが起きてしまいます。

 

ちなみに、ビタミンCなどのビタミンは、ほかの栄養と同様に健康維持にも繋がっているために、不足した場合は風邪を引きやすくなったり、精神的に不安定になったりなど健康体でいることも難しいとされています。

必要なはずなのに、不足しやすいビタミンだった・・・

ニキビ改善に必要でいて、健康を維持することにも関与するビタミンである、ビタミンC・B2・B6は、体内貯蓄されない水溶性ビタミンの一種であり、排出されやすい性質を持っているために、体内で不足しやすいといわれています。

 

他にも、外食など偏った食事・ストレス・睡眠不足・アルコール・タバコ・激しい運動などで消費されるとも言い、現代人ではこれらが当てはまりやすいことから、特に現代人では不足しやすいとも言われています。

ニキビ繰り返し,原因

ビタミンを摂取して肌や体も強くなろう!

ニキビ繰り返し,原因

ビタミンは、肌に作用することで、ニキビを防止したり改善したり、ニキビを作らせない肌にしていく役割もあるとされていますし、風邪を予防したり、精神安定に作用したり、貧血予防などにもなるといいます。

 

そのため、肌のことだけではなく健康も考えて、ビタミンをしっかりと摂取していくことが大事で、不足しやすいともされていることから、食事だけではなくサプリメントからも補うようにしましょう。

 

【ニキビ対策サプリメントについては以下を参考にしてください】
肌を修復力を取り戻す為のニキビサプリの選ぶ3つのポイント!

 

以下のページも合わせて読むことで、より早くニキビの治し方が理解できます。

急な肌荒れやニキビが治らない原因は腸内環境が悪い証拠

 

あごニキビの主な原因はホルモンバランスにあり

 

一日でも早く白ニキビ治す方法と原因から学ぶ正しいスキンケア

page top