黒ニキビ

私のニキビサプリ|トップページ > 黒ニキビが治らない方が見直すべき黒ニキビの治療法と最適な薬

黒ニキビにも色々な症状があり原因も治療法も違う!

黒ニキビの画像

 

白ニキビから悪化した黒ニキビが治らないという方も多いのではないでしょうか?殆どの方は『黒ニキビ』と一括りで考える方が多いようですが、実は、黒ニキビにも炎症を含んでいたり、痒みがあったりと『色んな種類の黒ニキビ』が存在しますし、原因も治し方も違います。
このページでは黒ニキビの症状の違いとその原因、治し方まで詳しくまとめましたので、黒ニキビの治療に是非お役立て頂けたらと思います。

主な黒ニキビの3つの症状の違いとその原因一覧

一般的な黒ニキビ

色素沈着した黒ニキビ

痛みやかゆみも伴わない黒ニキビは、毛穴につまった角栓(皮脂や角質)が、空気とむすびつく『酸化』によって、黒ずみがおきている状態と言われています。
また、酸化だけではなく、空気中などの汚れが詰まったり、紫外線やニキビに触れるといった刺激から、刺激を守るメラニン色素が生成されて、黒く見えることもあると言われています。

炎症で痛みがある黒ニキビ

炎症した黒ニキビ

痛みを感じる黒ニキビは、毛穴に皮脂があふれて、それをエサにアクネ菌増殖に繋がっている状態になります。
アクネ菌の増殖は、皮脂の過剰分泌から起こると言われており、『不規則な生活を送っている・脂っこいものや甘いものが好き・ストレス過多』などに当てはまる方は、皮脂の過剰分泌から炎症を伴う黒ニキビに発展している可能性が高いです。また、思春期や月経前といった時期は、ホルモンバランスが乱れることで、皮脂が過剰に分泌されるといわれているので、この時期に多いニキビでもあります。

 

かゆみのある黒ニキビ

黒ニキビが治らない方が見直すべき黒ニキビの治療法と最適な薬

かゆみがある黒ニキビの場合は、『アクネ菌の増殖』と『肌機能の低下』が考えられます。
まず、皮脂が過剰分泌するとアクネ菌が増殖しますが、アクネ菌はニキビを悪化させるだけではなく、アクネ菌のポルフィリンといった排泄物によって、かゆみに繋がるといわれています。アクネ菌が増殖する原因は、上記であげた皮脂分泌に繋がる不規則な生活などがあげられます。
続いて、間違ったケアや肌に合わない化粧品による肌刺激、乾燥、ストレス、睡眠不足などによって、肌の機能が低下すると、かゆみに繋がるアクネ菌やアレルゲンなどからバリアすることができないために、かゆくなることもあるようです。

【注意!】大きくて固い黒ニキビは粉瘤のかも!

黒ニキビだと思ったら、粉瘤(ふんりゅう)だったというケースもあります。この粉瘤は、角質や皮脂がつまったものとニキビの原因と似ていますが、毛穴ではなく皮膚の下に蓄積することから、触ってみると肌内部にしこりを感じます。

 

粉瘤

それと、角質や皮脂が溜まるほどに患部が腫上がって、大きなコブになることもあり、痛みが伴うともいいます。加えて、ニキビと違って粉瘤を潰した際は、悪臭が漂うようです。

 

治療法としては、皮膚科での摘出手術が一般的です。方法は、中の皮脂や角質を取り出すだけではなく、皮膚の下にできた皮脂等がつまっている袋状の嚢腫(のうしゅ)ごと取り除くものです。症状にもよりますが、大体10分〜15分程度で済み、保険適用によって数千円から数万円程度の費用になります。

黒ニキビの症状別でみる最適な治療方法

症状がいくつかある黒ニキビは、症状別で最短の治療法があるため、自分に当てはまる治療法を実践してください。反対に、違う方法を実践してしまうと、完治まで結びつきません。

 

一般的な黒ニキビの症状の治療方法

一般的な黒ニキビの場合、市販薬でも治るとされているので、黒ニキビに対応している「テラ・コートリル」や「ペアアクネクリーム」などの塗り薬を使いましょう。また、皮膚科等で行われるケミカルピーリングも最適な方法と言えます。ケミカルピーリングは、黒ニキビの原因である角質や皮脂を取り除くことで、改善・防止に繋がる治療になります。
大体、黒ニキビは、症状の度合いにもよりますが1ヶ月程度で完治すると言われています。

 

炎症で痛みがある黒ニキビの症状と治療方法

黒ニキビが治らない方が見直すべき黒ニキビの治療法と最適な薬

 

まず、痛みに繋がる炎症をおさえる抗炎症作用のある塗り薬の塗布が好ましいです。まず外部から炎症を抑える為に、市販薬ではテラ・コートリルやクレアラシル(外部サイト)がおすすめで、処方薬はベピオゲルが良いです。

 

市販薬で外部からの炎症を抑えつつ、炎症の元になる皮脂の過剰分泌を抑える『ビタミンB』・『ビタミンB6』・『ビタミンC』をサプリで補給し、炎症の元を抑えて治療していくことが大切です。炎症がある黒ニキビは治りが遅いので、完治までは1ヶ月〜2ヶ月はみたほうが良いでしょう。
【炎症を抑えるサプリは以下が参考になります】
ニキビサプリの成分を徹底的に比較してみました!
きらりのおめぐ実の成分とニキビ改善への効果について

 

かゆみのある黒ニキビの症状と治療方法

黒ニキビが治らない方が見直すべき黒ニキビの治療法と最適な薬

かゆみはアクネ菌が原因によるものなので、アクネ菌の殺菌に作用する、塗り薬の使用がおすすめです。市販薬はクレアラシル(外部サイト)が向いており、処方薬はベピオゲルやダラシンゲルやアクアチムクリームが適しています。
塗り薬を使っても、アクネ菌がおさまらずにかゆみが出る場合は、皮膚科等で処方されるアクネ菌の殺菌に繋がる抗生物質といった内服薬の服用も視野に入れたほうが良いです。さらに、皮膚科等では、かゆみがでてしますような肌の機能低下の原因となる生活習慣に対するアドバイスもしてくれますので、相談することもおすすめです。かゆみのある黒ニキビは、生活習慣など根本治療が必要になることが多いため、2ヶ月〜3ヶ月と完治までには時間が必要になります。

 

【市販薬については以下詳細ページが参考にしてください】
市販薬・処方薬から即効性で選ぶ!ニキビ治療薬ランキング

【Q:疑問】黒ニキビの芯は出していいのか?悪いのか?

ニキビを潰す女性

 

結論から申し上げますと、黒ニキビも白ニキビと同じく、黒ニキビも芯を取り出して良いとされています。理由は、皮脂や角質といった芯をそのままにしておくと、アクネ菌が繁殖して、ニキビが進行する恐れがあると言われているからです。

 

ただし、すでに炎症を起こしてニキビが進行している場合は、芯を取り出すことはやめたほうが良いです。炎症というダメージが加わっている上に、芯を取り出す刺激が加わると、肌細胞が傷つくことから、ニキビ跡になりやすいと言われています。

 

その為、触って痛みを感じないと確認した上で、芯を出すようにしてください。自分で判断&実行するのが難しい場合は、皮膚科等で面皰圧出といった処置してもらうことがおすすめです。保険が適用されることから、一個あたり1000円以内となります。

 

【面皰圧出の治療動画について以下のページに掲載しております。】
自分の症状に最適なニキビ治療の方法と費用や治療期間のこと

黒ニキビを繰り返さないために日々すべき4つの基本的なこと

黒ニキビを繰り返さないためには、日々の意識から改善することが非常に大切です。当たり前のことのようですが、それができな為に多くの女性が、ニキビや吹き出物などの肌荒れに悩んでいるのです。日々のスキンケアはもちろん、コスメの選び方や、食事や睡眠時間などの生活習慣も気をつける必要があります。

 

過剰なスキンケアは控えること

洗顔のしすぎ

まず、『スキンケア』は、皮脂抑制や毛穴詰まりがなくなるような正しいケア方法を行いましょう。一番大切なことは、一日に二回までと過剰にやらないことがあげられ、過剰なケアは、必要な皮脂まで落とすことでかえって皮脂の分泌が促されると言います。ですが、しっかりと毛穴から皮脂を落とすように、洗顔料を泡立てて泡を転がすように優しくクルクルと、皮脂汚れを絡めとる必要性はあります。加えて、皮脂を抑えるためにも洗顔後の保湿ケアは必須です。

 

刺激が強すぎるニキビケア商品は安易に使わない

刺激が強いコスメ

スキンケアも大切ですが、自分の肌に合う化粧品を使うことも絶対です。なかでもニキビや吹き出物ができる肌は、肌が敏感肌の状態が多い為、低刺激なものがよく、敏感肌用がニキビ肌に合いやすいのでおすすめです。反対に、プロアクティブなどのニキビ対策商品は、皮脂を過剰に落とす成分も配合されており、刺激が強いので、あまりおすすめできません。他にも、オイルが入った化粧品は、アクネ菌のエサになって増殖するといいますので、オイルカット商品にしましょう。

 

脂っこい食事を控えビタミン豊富な野菜を摂る

サラダ

続いて、『食事』では、皮脂に繋がる脂っこいものや甘いものを避けるようにすることも大切です。同時に、皮脂をコントロールするとされるビタミンが豊富な野菜の摂取も意識しましょう。他にも、皮脂の分泌が過剰に行われる『ストレスの解消』に努めることも必要となります。

 

23時までには就寝し睡眠時間は8時間を意識すること

睡眠する女性

最後に、一日の長い時間を占める『睡眠』に関しても大切です。なぜなら、黒ニキビの原因となる古い角質は、睡眠時に行われる肌再生のターンオーバーによって、肌から排出されるためです。睡眠時間が短い場合、ターンオーバーが行われない為、古い角質が詰まってニキビが繰り返されてしまうとも言われています。このことから夜更かしは控え、夜は遅くても23時までに就寝するようにし、1日8時間は睡眠時間を摂るようにしましょう。

まとめ

以上が、黒ニキビの症状別の原因や最適な治療法などの紹介でした。黒ニキビだけに言えることではありませんが、その人の肌とニキビの症状に合わせてた方法で治さないと、ニキビは完治させるのは難しいです。インターネットには色んな情報が飛び交っていますが、情報を発信している方が、ニキビに対する知識がある方ばかりではなく、情報を真に受けてなかなか治らずに悩んでいる方が多いのも事実です。

 

気を付ける点は『症状に合わせた対策』と『日々すべき4つの基本的なこと』この2つだけです。
また、完治したからといって、いままでのスキンケアや生活習慣に戻ると、再発してしまいますから、予防策も忘れずに黒ニキビを繰り返さないようにしていきましょう。黒ニキビがひとつ治るだけでも顔の印象は変わりますから、早めの完治を目指して、今日から早速取り入れていってください。

 

 

以下のページも合わせて読むことで、より早くニキビの治し方が理解できます。

あごニキビの主な原因はホルモンバランスにあり

 

20代は要注意!ビタミン不足からニキビや肌荒れに!

 

口周りニキビは食べ過ぎ・飲み過ぎによる胃の疲れが原因も!

page top