ニキビ治療

私のニキビサプリ|トップページ > 自分の症状に最適なニキビ治療の方法と費用や治療期間のこと

ニキビの種類と最適な治療方法について

にきびの種類

 

ニキビは、初期段階の白ニキビから始まり、黒⇒赤⇒黄⇒紫と悪化していくとされていて、見た目も読みと同じように、白ニキビは白色で、黒ニキビは黒色をしています。

 

ニキビを治すことで重要なことは症状に合った治療方法を行うことです。ニキビ跡を残さずにキレイに治すためにも、ニキビの症状に合わせた対策をとってくことが大切です。

1:白ニキビの原因

白にきび

ニキビのはじまりの白ニキビは、毛穴に皮脂が閉じ込められたコメドとも呼ばれる状態で、古い角質・シャンプー等の洗い残し・ファンデーションが肌に残ったままなどが、皮脂を閉じ込めるしまうことが原因です。

 

また、食生活の乱れ、不規則な生活、ストレス、肌の乾燥、月経前のホルモンの乱れも原因のひとつと考えられており、皮脂の分泌が活発なり、毛穴に皮脂がたまりやすくなることでも、白ニキビができやすくなります。

 

1−1:白ニキビの最適な治療方法

 

白ニキビには、『面法圧出(めんぽうあっしゅつ)』が好ましいとされています。医療機関で、ニキビに針またはレーザーを使って穴を開けて、専用器具(面皰圧出器)で皮脂を取り出す方法で、ニキビを悪化させる前に早めに改善することが可能です。

 

面法圧出(めんぽうあっしゅつ)の治療内容動画

 

同時に、肌を清潔に保ち、食生活や規則正しい生活を送るなど生活習慣を改めることは、根本的な治療と言っても良いでしょう。

2.黒ニキビの原因と症状

黒ニキビ

白ニキビが空気中の酸素に触れて酸化した状態になることで黒ニキビとなります。白ニキビより治りにくく、放置する期間が長ければ長いほど、よくありません。イメージ的には、りんごを切ってそのまま置いておくと黒くなってしまうことに似ています。

 

2−1:黒ニキビに最適な治療方法

白ニキビ同様に、『面法圧出』が行われますが、皮脂を取り出しても毛穴が開いたまま閉じないことから、毛穴を元に戻す『CO2レーザー』を併用することも多いです。

 

また、黒ニキビ改善・防止として、『ケミカルピーリング』を行うこともあるみたいです。具体的には、専用の薬剤を皮膚に塗布して、肌にある古い角質や皮脂を除去するものです。他にも、改善・防止策として外用薬の『ディフェリンゲル』や『トレチノイン』が処方されることもあると言います。

 

加えて、角質が厚くなる「過角化」が黒ニキビの原因とされていることから、過角化を防ぐために、過度な洗顔等をしないなど肌への外的刺激を加えないことや、ストレスや睡眠不足など内的刺激を避けることも必須とされています。

3.赤ニキビの原因と症状

赤にきび

黒ニキビが炎症して悪化したもので、気になって触ったり、つぶしたりすると、さらに悪化するだけではなく、ニキビ跡やクレーターになりやすいといいますので要注意です。

 

3−1:赤ニキビの最適な治療方法

 

まず、炎症の元であるアクネ菌の抑制等に繋がる『抗生物質』の処方が、内服薬・外用薬ともに行われるようです。同時に、早めに完治させるように『面法圧出』を行うこともあると言います。

 

炎症がひどい場合に関しては、赤ニキビに直接、抗生物質を注射することもあるみたいです。

 

他では、黒ニキビ同様に『ケミカルピーリング』や外用薬の『ディフェリンゲル』や『トレチノイン』の処方で、赤ニキビの改善・防止治療を行うこともあるとされています。

4:黄ニキビの原因と症状

黄にきび

ニキビの炎症が重症化したもので、皮脂だけではなく膿もたまった状態とされています。

 

アクネ菌増殖やそれを抑える白血球が発生したことで、肌細胞の破壊がすすんでいることから、跡としても残りやすいことから完治が難しい状態です。

 

4−1:黄ニキビの最適な治療方法

 

赤ニキビのような『抗生物質の処方』や『面法圧出』や『抗生物質の注射』だけではなく、アレキサンドライトレーザーなどレーザー治療によって、強力に炎症を鎮める治療も行われることが多いと言われています。

 

さらに、重症化するまでのニキビができるのは、皮脂分泌など男性ホルモン過多の可能性が高いことから、男性ホルモンを抑えるようなホルモン治療や漢方を併用するケースもあるようです。

5.紫ニキビの原因と症状

色素沈着した紫にきび

黄ニキビよりさらに炎症が悪化し、膿だけではなく血がたまってしまった状態を指し、その殆どが、治療後も跡として残ってしまい、跡が改善するまでにもある程度の期間がかかると言われています。

 

5−1:最適な治療方法

 

黄ニキビ同様に、レーザー治療やホルモン治療・漢方も併用することも多いです。

 

ちなみに、漢方は、冠元顆粒(かんげんかりゅう)、星火温胆湯(せいかうんたんとう)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、五行草(ごぎょうそう)、板藍根(ばんらんこん)などが良いとされており、組み合わせて処方されることもあります。

治療薬で治るニキビの症状は?

基本的に、ドラッグストアで買える市販の治療薬に効くニキビは限られています。

 

まだ、炎症が起きていないまたは、落ち着いている白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ(ひどくないもの)に関しては、時間をかければオロナインなど市販の治療薬でも改善できます。

 

反対に、炎症が強い赤ニキビ・黄ニキビ・紫ニキビは、市販薬では炎症抑制作用が弱いので、改善しにくいと覚えておきましょう。重度のニキビに関しては、病院やクリニックで診断してもらい治療薬を処方してもらったほうが、効き目も良いし、完治までも早いです。

 

【ニキビ治療薬に関しては以下のページを参考にしてください】
市販薬・処方薬から即効性で選ぶ!ニキビ治療薬ランキング

クリニックと皮膚科はどっちに行くべき?

ひとくちに病院といっても、さまざまであり、クリニックと皮膚科のどちらに行くべきか迷う方も多いのではないでしょうか。

 

まず、市販薬で治らないような『炎症の強い赤ニキビ・黄ニキビ・紫ニキビ』は、クリニックがおすすめです。

 

理由は、クリニックは、ケミカルピーリングやレーザーなど幅広い治療法で、重症化したニキビやニキビ跡にも効く環境が整っていたり、生活習慣の提案など根本治療も充実しているからです。

 

一方で、まだ初期段階の『白ニキビ・黒ニキビ・炎症の強くない赤ニキビ』は、皮膚科での治療でも十分でしょう。

 

なぜなら、まだ悪化していない状態であることから、皮膚科にある一般的な治療でも改善することが可能ですし、保険適用の治療が多いことから、費用おさえめでの治療ができるためです。

 

まだ悪化していない場合は皮膚科で、重症化している場合はクリニックと覚えておきましょう。

 

治療方法 白ニキビ 黒ニキビ 黄ニキビ 赤ニキビ 紫ニキビ
市販薬 さんかく
完治が遅い
さんかく
完治が遅い
ばつ
殆ど効果なし
ばつ
殆ど効果なし
ばつ
殆ど効果なし
処方薬 まる
市販薬よりは早い
まる
市販薬よりは早い
さんかく
完治まで遅い
まる
度合いによる
ばつ
殆ど効果なし
皮膚科or病院
おすすめ!

おすすめ!
まる
完治まで遅い
まる
度合いによる
まる
度合いによる
美容クリニック
完治は早いが費用が高い

完治は早いが費用が高い

おすすめ!

おすすめ!

おすすめ!

クリニックか病院?で違う点は治療にかかる費用

クリニックと病院の大きな違いは、料金形態にあると言えます。

 

クリニックは、基本的に「自由診療」といって、保険がきかずに自己負担となります。その代わり、ニキビやニキビ跡の治療に対する最新機器がそろっており、重症化したニキビでも改善できるメリットがあります。

 

反対に、病院は、「保険診療」であることから、費用を安く抑えることができますが、治療内容が限られていて一般的な治療となるため、悪化したニキビはなかなか治らないといったデメリットが存在します。

 

より、自分に合った治療を受けたい場合は、費用は高くなりますがクリニックが良く、一般的な治療で安くすませたいなら病院が向いているでしょう。

 

 

病院とクリニックの治療方法の違いと完治までの治療期間

 

クリニックでは、最新のレーザーやケミカルピーリングや生活習慣の見直しなど、ひとりひとりの悩みに合った治療方法を展開していることから、ニキビの程度にもよりますが、『2〜3ヶ月』と早い段階で改善されるケースが多いです。

 

続いて、一般的な治療となる病院では、白ニキビといった初期であれば早めに完治することができますが、赤ニキビなど炎症がある場合は、『2〜3ヶ月以上』かかることがあるといい、1〜2年たってもおさまらないこともあるみたいです。

 

自分に合った場所を選ばないと、治療期間が長くかかることもあるようなので、ニキビの状態に合わせてクリニックまたは皮膚科なのかを選ぶようにした方が賢明です。

それぞれの費用の相場について、保険は効くのか?

クリニックは、基本的に保険が適用されないレーザーやケミカルピーリングといった治療内容となっているので、一回の診療で最低でも5,000円を超えること施術が殆どだと思ったほうがよいです。クリニックによっても、料金は異なりますので、事前に料金に関しての確認は必須です。

 

反対に、病院は保険が適用される治療があります。薬事法等で料金も決められていることから、どこの病院でも差がでることはありません。大体、一回の診療で1,000〜2,000円といったところが相場で、5,000円以上になることはほとんどないでしょう。

 

まとめ

 

以上が、気になるニキビ治療や治療期間や費用などの紹介でした。

 

ニキビには、さまざまな種類があり、治療法もひとつひとつ違いますし、炎症が強い赤ニキビ・黄ニキビ・紫ニキビなど、市販薬では治らず病院の処方薬が必要になるニキビもあります。

 

どちらにせよ、早めに改善・完治したい場合は、自分のニキビに適した治療を行ってくれる、クリニックや皮膚科に通うことがおすすめで、早くて2ヶ月〜3ヶ月で改善されるケースも多いといいますので、諦めずに治療を行っていきましょう。クリニックでの治療は、最新機器と生活習慣アドバイスなど、ニキビやニキビ跡への対策が万全ですが、費用がかかる場所も多いみたいなので、予め、費用の相談もして無理のない範囲で治療を行ってください。

 

どのニキビにも当てはまりますが、気になって触ったりすると、刺激や手についた菌から、悪化するといいますので、ニキビがあるうちは気になっても絶対に触るのは避けて、自分でケアする時もやさしく行うことが大切です。

 

以下のページも合わせて読むことで、より早くニキビの治し方が理解できます。

ニキビサプリで肌の修復力を取り戻す

 

口周りニキビは食べ過ぎ・飲み過ぎによる胃の疲れが原因も!

 

ニキビが繰り返してできる原因と必要な栄養分

page top