おでこのニキビが治らない!3種類の原因と適切な完全対策まとめ

私のニキビサプリ|トップページ > おでこのニキビが治らない!3種類の原因と適切な完全対策まとめ

おでこニキビの種類を把握すること

おでこニキビは思春期ニキビ

おでこのニキビは、思春期ニキビである『20歳前後』に起きやすいです。

 

原因は、成長過程でおきる、ホルモンバランスの乱れによる『過剰な皮脂分泌』となります。

 

おでこはもともと皮脂腺が多いため、ホルモンバランスの乱れで『男性ホルモン』が増加して皮脂分泌が起きると、毛穴に皮脂がつまりやすくなります。

 

結果、症状の異なる3種類の、炎症のない白ニキビや黒ニキビ、炎症した赤ニキビに繋がってしまいます。

炎症のないおでこニキビの原因

炎症のないおでこニキビとは、『白ニキビ』と『黒ニキビ』のことを指します。

 

初期段階のニキビに分けられますが、それぞれ原因が異なります。

 

白ニキビの原因

白ニキビ皮脂が毛穴に詰まることで起きるニキビで、毛穴に詰まった皮脂をコメドと呼びます。
見た目は、白く盛り上がりがあります。

黒ニキビの原因

黒ニキビ白ニキビの原因である皮脂の塊が、空気に触れて黒く変色した状態です。
変色は酸化とも呼び、色が黒くてニキビも目立ちやすいです。

炎症したおでこニキビの原因

赤ニキビ

炎症したおでこニキビとは『赤ニキビ』のことで、『アクネ菌』が原因です。

 

皮脂の塊が毛穴に詰まったままになると、もともと肌にすみつくアクネ菌が皮脂を餌に増殖します。

 

増えすぎたアクネ菌は異物と判断され、退治される過程で炎症が起きて、ニキビが赤くなってしまいます。

炎症のないおでこニキビの適切な対策

炎症のない白ニキビや黒ニキビは、特定の栄養の摂取や十分な睡眠など、『ホルモンバランス』を整えて『肌再生』に努めることが改善への近道です。

 

納豆

ホルモンバランスを整えるには、『納豆』や『豆乳』などを食べることが適しています。

 

また、肌再生を促し、ニキビの根本原因となる毛穴詰まりをなくすには、『睡眠』や『運動』等も重要です。

 

初期段階のニキビではありますが、長引いて悪化することもあるので、繰り返さないためにも、食事や生活習慣やスキンケアとあらゆる角度からの対策をお勧めします。

 

適切な対策の詳細は、下記が参考になります。

→ 白ニキビの適切な対策
→ 黒ニキビの適切な対策

炎症したおでこニキビの適切な対策

炎症した赤ニキビは、原因となる『アクネ菌』にアプローチする対策が適しています。

 

ビタミンB群

食事では、アクネ菌増殖に繋がる皮脂を抑制する『ビタミンB群』の摂取が好ましいです。

 

スキンケアに関しても、『余分な皮脂』を取り除く洗顔を中心に行うと良いです。

 

ほかにも、炎症を鎮めて赤ニキビを改善するために、肌再生のターンオーバーを促す『十分な睡眠』や『ストレスをためない』なども大切となります。

 

具体的な対策については、以下をチェックしてみてください。
赤ニキビを早く治す為の膿の出し方や悪化しないメイクでの隠し方も紹介されています。

色素沈着化などニキビ跡になりそうな場合

おでこのニキビが治らない!3種類の原因と適切な完全対策まとめ

 

おでこニキビが気になって潰してしまい、赤みや色素沈着などニキビ跡になりかけている方もいるかと思います。

 

既に、赤み等ができていても『早めの対策』を行えば、跡を残すことなく治すことも可能です。

 

対策する上でいちばん大切なことは、赤みなら赤みの『症状にあわせたケア』を行うことで、不適切なケアはニキビ跡の悪化に繋がる恐れもあります。

 

症状別のケア用品や方法については、「ニキビ跡ケアの4つの症状別の基本手順とおすすめアイテム」を参考にされて下さい。

まとめ

ニキビ,おでこ,治らない

以上が、なかなか治らないおでこニキビとその治し方についてでした。

 

おでこニキビは、『皮脂』の分泌量の多さが原因で、手や髪の毛が触れる・帽子・洗顔料やシャンプーの洗い残しなどで、悪化することもあります。

 

悪化すると、跡になった時も治りにくいので、食事や洗顔としっかり『改善』に努めることが大切です。

 

基本、おでこのニキビもニキビ跡も『症状に合わせた方法』を行うことが、悪化させずに早めの改善に繋がるので、白ニキビならそれにあわせたケアを行っていきましょう。

 

 

以下のページも合わせて読むことで、より早くニキビの治し方が理解できます。

 

ニキビが繰り返してできる原因と必要な栄養分

 

ニキビや肌荒れのない強い肌を作る為の内側ケア

 

思春期ニキビを治す方法 洗顔や化粧水の選び方や食生活まとめ

page top